a
日本初の 英国発【Coast】キーホール ハイネック 関税込 ミニドレス 刺繍 ワンピース
日本初の 英国発【Coast】キーホール ハイネック 関税込 ミニドレス 刺繍 ワンピース
79927736-7607-kC1
10,080円 16,800円
【Lサイズあり】スパンコールフラワー刺繍レース×タイトミニドレス[リボンベルト付き](DE1763), 【Lサイズあり】スパンコールフラワー刺繍レース×タイトミニドレス[リボンベルト付き](DE1763), ハイネック刺繍リボンドレス/ミニドレス/ノースリーブ/透け/刺繍/無地 , 花柄刺繍 レースアップ クロス スリット ホルターネック キャバドレス , 【Lサイズあり】スパンコールフラワー刺繍レース×タイトミニドレス[リボンベルト付き](DE1763), Vintage Acc】60's HEADDRESS (SWIRL)/ウェディングアクセサリー
英国発【Coast】キーホール ハイネック 刺繍 ミニドレス 関税込(79927736)

キーホールハイネックのエンブロイダリーミニドレスです。

刺繍の花柄が咲き誇るエレガントなミニドレスです♪
デイリーユースはもちろん、カジュアルなパーティー、旅行などのバカンスやリゾートシーンにも◎


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
☆Coast-コースト☆日本未入荷ブランド*

Coast(コースト)は、1996年にイギリスで誕生したレディースファッションブランドです。
特にドレス類はパーティーなどの華やかなシーンで活躍す
るものばかりで、イギリス王室のキャサリン妃もCoast(コ
ースト)を愛用しています。

Coast(コースト)はトレンドデザインが得意なブランドで、
大人がキレイに着用できる旬のドレスが豊富に揃っています。
ウエディング、挙式、披露宴や二次会、その他同窓会や謝
恩会など、会場を選ぶことなくCoast(コースト)のドレスが
あなたの女性らしさを引き立ててくれます。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
*Coastの最新人気商品*をまとめました!是非ご覧ください☆彡

*トレンドを先取り*おすすめのドレス一覧はコチラからご覧ください☆彡


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

この度は、ご覧いただき誠にありがとうございます。トモポエムです。
お客様のために、世界各国より素敵な商品を心を込めてお届けいたします♪


[お取引について]
☆ご注文確定後、Coast直営店/正規取扱店よりお取り寄せ致します。商品受け取り後検品し、発送まで6〜14営業日ほどお時間を頂きます。

☆ご注文前に「在庫状況の確認/お問い合わせ」から在庫確認をお願いいたします。

☆ご注文後の変更、キャンセルはお受けできません。
お客様のために「BUYMAのあんしんプラス」補償がございます。万が一の時に補償が受けられますのでお勧めです。
こちらでご確認くださいませ。


☆ご注文前に「お取引について」を一度ご確認くださいませ。

☆商品はすべて追跡付きで配送致します。

☆商品お受取日のご希望がある場合は、事前にお申し付けくださいませ。


【Coast】公式サイズガイド

英国サイズ:バスト:ウエスト:ヒップ

 ・UK6(B:81㎝/W:63㎝/H:88㎝)
 ・UK8(B:84㎝/W:66㎝/H:91㎝)
 ・UK10(B:88/W:70㎝/H:95㎝)
 ・UK12(B:93㎝/W:75㎝/H:100㎝)
 ・UK14(B:98㎝/W:80㎝/H:105㎝)
 ・UK16(B:103㎝/W:85㎝/H:110㎝)
 ・UK18(B:108㎝/W:90㎝/H:115㎝)
 ・UK20(B:113㎝/W:95㎝/H:120㎝)
 ・UK22(B:123㎝/W:105㎝/H:130㎝)
 ・UK24(B:128㎝/W:110㎝/H:135㎝)
 ・UK26(B:133㎝/W:115㎝/H:140㎝)

 ・XS=UK6-UK8
 ・S=UK8-UK10
 ・M=UK10-UK12
 ・L=UK14-UK16
 ・XL=UK16-UK18

※上記サイズガイドの B(バスト)・W(ウエスト)・H(ヒップ)は
ブランド側が想定する着用者のボディサイズです。



関税/送料全て込み*安心の国内発送*(決済時以降追加料金はございません)








【Lサイズあり】スパンコールフラワー刺繍レース×タイトミニドレス[リボンベルト付き](DE1763)
【Lサイズあり】スパンコールフラワー刺繍レース×タイトミニドレス[リボンベルト付き](DE1763)
ハイネック刺繍リボンドレス/ミニドレス/ノースリーブ/透け/刺繍/無地
花柄刺繍 レースアップ クロス スリット ホルターネック キャバドレス
【Lサイズあり】スパンコールフラワー刺繍レース×タイトミニドレス[リボンベルト付き](DE1763)
Vintage Acc】60's HEADDRESS (SWIRL)/ウェディングアクセサリー

こんにちは、Hikariです。

やりたいことがたくさんありすぎるので、最近は日々の生活の効率化を考えています。

今回着目したのは、洗濯にかける時間・手間・ストレスについてです。

これらを減らすために洗濯の頻度を週一にしてみた結果について解説していきます!

 

目次

結論:洗濯にかかる時間・手間・ストレスを減らすには、頻度を減らすのが有効である!

先に結論を言うと、洗濯にかけている時間、手間、ストレスの軽減には、洗濯の頻度を減らすのが効果的です。

私の実行した内容の前提としては、一人暮らしであることがあります。

ですが、一人暮らしの人はもちろん、家庭がある方も洗濯の頻度を下げることをおすすめします!

では、そう結論付けた背景を解説していきます!

 

洗濯は地味に時間・手間・ストレスがかかっている

毎日衣類は汚れ、洗濯をしないと衛生的な生活は送れません。

ですので、私たちは衣類を洗濯していますよね。

でも、洗濯って地味に大変じゃないですか??

一般的な縦型洗濯機では、洗濯機を稼働させ、洗濯物を取り出して、干して、取り込んで、たたむ、というプロセスを踏んでいると思います。

ですが、これらの作業は、他のことができる時間はなく、地味に大きな負担となっているのです。

やらなければいけないけど、あまり時間や手間、ストレスをかけたくない、、

私は、どうすれば洗濯にかかっている時間や手間、ストレスを低減できるか考えました。

 

洗濯の頻度を減らそう

Record Player Turntable with Speakers Wireless Portable Phonograph LP with Built-in Stereo Speakers 3-Speed Belt-Drive Vinyl Record Player with Speake

洗濯の頻度を減らす、ということでした。

ドラム式洗濯乾燥機は時間、手間、ストレスを低減しますが、初期投資が高く、手っ取り早い方法とは少し違うかなと思います。

なので、今すぐ手っ取り早くできることからやってみました!

 

洗濯の頻度を減らすためにやること

洗濯の頻度を減らして、洗濯にかける時間や手間、ストレスを低減するためにやるべきことがあります。

 

洗濯機はなるべく容量が大きいものを選ぶ

洗濯の頻度を減らす=一度に選択する量が増える、ということなので、小さすぎる洗濯機をお持ちの方はあまり向いていません。

私は一人暮らしで容量7kgの縦型洗濯機を使用しています。

これで週一回の洗濯で回せているので参考にして考えてみてください!

 

一週間分の下着、靴下を揃える

洗濯が週一回になるので、一週間洗濯しなくても大丈夫なように、下着や靴下を8セットほど揃えました

こうすることで、洗濯を週一回にしても、衛生的にも問題がないようになります。

 

日本初の 英国発【Coast】キーホール ハイネック 関税込 ミニドレス 刺繍 ワンピース サイズを選択してください:UK12(M)

特に、平日は会社に行く時の服装だったり、仕事中の服装だったりですよね。

職種などにもよると思いますが、基本、お気に入りのコーデが5種類あれば一週間は問題ないと思います。

しっかり下着を変えていて、汗もそこまでかいてないならば、トップスやボトムスなどは1日くらい着まわせると思います。

 

ハンガーを多めに用意する

ハンガーが足りないと、一度に洗濯しても干せない洗濯物が出てきてしまいます。

なので、ハンガーをたくさん用意するのがいいと思います。

個人的には、ハンガーにかけて収納する衣類とハンガーの数を揃えておくのがいいと思います。

そうすることで、ハンガーはいつも不足せず、見直しを行わないとなのでムダな衣類の購入も減ると思います。

 

真っ白で高価な服を買わない、普段用にしない

真っ白な服と色物の服を一緒に洗うと色移りが起きてしまいます。

これを避けるためには分けて洗うのが一般的ですが、洗濯の頻度は増えてしまいます。

ですので、私は真っ白で高価な服は持たないようにしています。

一張羅がもし純白で相当なお気に入りだったとしても、デートなど気合を入れる時だけ着るようにすることで、普段の洗濯は色関係なく週一回で行うことができます。

衣類が全て白だったり、逆に黒だったりする人は気にしなくていいですし、逆に白い服の方がたくさんあって普段用にしている人は、色物は普段用にはしないようにした方がいいと思います。

 

洗濯の頻度を週一回にしてみた結果、、!

洗濯の頻度を週一回にしてみた結果、こんな感じになりました。

メリット

まずは、感じられたメリットを解説します。

洗濯への憂鬱が週一に抑えられるor憂鬱に思わなくなる

洗濯は基本面倒ですよね。ドラム式洗濯乾燥機を使っていても、大量の洗濯物をハンガーに干す人は同じような面倒があると思います。

それが週一回しかないというのはストレスが大きく減ったと思います。

ああ、今日洗濯しなきゃ、、、

これが少なくなるのは本当にいいです。

 

日本初の 英国発【Coast】キーホール ハイネック 関税込 ミニドレス 刺繍 ワンピース サイズを選択してください:UK12(M)

時間的にも、想定どおり、それ以上にメリットがありました。

ティムコ(TIEMCO) SAフリークエンシィ トラウト WF8F BUCK 121866他のことに時間をたくさん使えるようになりました。

洗濯を二日に一回やっていた時期と比較すると、趣味や自己研鑽に充てる時間が体感30%は増えたと思います。

いつもなら、もう寝る時間か、、と諦めていたこともまとまった時間をとることができて、ものすごく効果があったと思います。

 

生活の負担が減る

物理的な生活の負担についても、やはり少なくなったと言えます。

生きる上でやるべきことなので、多少負荷がかかっても仕方ない、という固定観念があったように思います

よく考えてみると、実は減らせる負担だった、ということがわかりました。

 

意外とデメリットじゃなかったこと

次は、これはデメリットになるかもなあ、、と思っていたものがそうではなかった!ということについて解説します。

洗濯物はイヤなニオイもなく、清潔である

洗濯の頻度を週一にすることで、衣類の中では着用してから最長で一週間は放置することになりますよね。

特に下着は汗などを吸っているので、洗っても不快なニオイや肌のトラブルがあったら考え直さなきゃだなあと考えていました。

しかし、そんなことはありませんでした。

一週間前に着て放置していた下着でも、ニオイも肌荒れトラブルもありませんでした

最近の洗濯用洗剤の力を侮っていたのでしょうか、理由は明確ではありませんが、問題がないということだけは事実でした。

個人差があると思いますので、一度やってみて検証してみるのがいいと思います!

 

日本初の 英国発【Coast】キーホール ハイネック 関税込 ミニドレス 刺繍 ワンピース サイズを選択してください:UK12(M)

洗濯の頻度を下げても、生活のアクシデントによる汚れは関係なく発生します。

白い服にソースが飛び散るなど、アクシデントによる汚れですね。

汚れた後すぐに水洗いして汚れの応急処置をするというのが前提ですが、

結論、すぐに洗濯をしたとしても、週一回の頻度であっても落ちるものは落ちる落ちないものは落ちない

ということがわかりました。

特別価格Dickies メンズプレミアム 絶縁性のあるダック素材のカバーオール US サイズ: Medium/Regular カラー: ブラック好評販売中ある程度の適切な対処ができていれば、洗濯の頻度は汚れに関係ないということです。

 

デメリット

週一回の洗濯頻度にして感じられたデメリットは2つです。

着たい服が着れない時もある

今日はこれを着たい!と思っても未洗濯で着れない、ということは数回ありました。

これは仕方ないことなのかなと思います。洗濯が終わった次の日に一週間に着る服の予定をなんとなくて立てておくだけで割と悩むことはなくなりました。

 

乾くのに時間がかかる

洗濯の頻度を減らすことで、選択する衣類の量は相対的に減りますが、

それでも、まとめて洗って干す都合上、干す時のスペースが狭く乾くのが遅い、という問題があります。

乾くのに時間がかかってもニオイが発生しにくい部屋干し用の洗剤とかを使うのがいいと思います!

私は、世界の国旗 万国旗 レバノン 120×180cm 代引き不可を普段から使用していて、ニオイが気になったことはありません。

英ブランド【OASIS】関送込 フリルディテールベルトドレス

インカリフティングスリングJIS 3等級 両端アイ形 幅200mm 長さ15m

日本初の 英国発【Coast】キーホール ハイネック 関税込 ミニドレス 刺繍 ワンピース サイズを選択してください:UK12(M)

以上の背景から、洗濯の頻度を減らす方法が効率的であること、週一回でも問題がないことが結論として言えました。

生きる上で必要なタスクですが、だからと言って時間や負担、ストレスがたくさんかかってしまうと考えていたのは、固定観念だったように思います。

この記事を読んでくださったあなたも、固定観念を一度探し、見直してみてはいかがでしょうか?

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!!

ライフスタイルカテゴリの最新記事

MAIL.THELOWRISKSCALPINGSTRATEGY.COM RSS